格差

学歴

就職するなら、大企業の正社員、というのは就職活動をする人の基本的な姿勢です。しかし、今の日本の就職事情は大変厳しく、なかなか希望の就職ができないのが現状です。一生懸命就職活動をしても、出身大学の名前だけで選考対象になれないこともしばしばあります。

年収の高い業種ではまず学歴が問題にされます。また、無事採用されても、社内で学歴ごとの給与テーブルが設定されているのはよくあることです。また、最終学歴が高卒、大卒、大学院卒かによって職域や職位が固定されている会社もあります。

こうなってくると学歴重視というよりもむしろ学歴差別とでも言った方がよいかもしれません。また、同じ大卒でも、出身大学の知名度が重視されたり、会社によっては学閥が存在するかもしれません。

企業側からみれば、優秀な人材を採用するために学歴によって給与テーブルを変えているわけですが、海外の企業では、初任給は学歴に加えて出身大学の格、個人の実績などを考慮して決められるので、個人によって違います。日本でもこのような給与体系が導入されるのはそう遠くはないと考えられます。

最近の日本では大学進学率が高いため、日本国内の大学では差別化されにくいので大学院だけ海外の有名大学に進学するなど、少しでも一目を引く学歴をつけようとする傾向があります。また、就職難を反映して就職年齢を遅れせるためにわざと留年したり、さして専門分野に関心がなくても大学院に進学する人もあります。