給与制度

職務給

職務給とは 社内のあらゆる職務やポストに序列をつけそれぞれ賃金をあらかじめ設定しておきその職務に就く社員がその賃金をもらえるという給与制度です。原則として昇給のシステムがないため、ポストが変わらない限り何年でも一定の賃金で働くことになります。

契約更新時や異動、昇格そのものが能力査定となり、その時に配置される職務で給与が決定します。一つの職務にいる間は習熟度に対する評価を受けた時と、その職務の市場評価の更新の時だけが昇給機会になります。

この給与制度では年功的な昇給が抑えられ市場評価にふさわしい賃金だけが発生するので企業の人件費は抑えられます。この制度がうまく機能した時は職務範囲や責任関係が明確なので、社員の仕事に対する帰属意識やモチベーションは上がります。

学歴や年齢、性別といった個人の属性による差別などに影響されることが少ないので、自分が希望するポストに必要なスキルを身に着けるために勉強をしたり、資格を取得するなどの向上心旺盛な社員にとっては賃金を上げる機会は多くなります。

逆に 運用がうまくいかなかったときは、頑張ってもポストが変わらない限り賃金が上がらないので意欲を持たないまま、漫然と日々を過ごす社員が増えることになります。配置転換が賃金に直接影響するため、人事が停滞するなどの弊害も見られます。特に、日本では、あまり、定着していない給与制度なので、各ポストに対する賃金相場が確定しておらず、公平な給与設定が難しいのが現状です。