給与制度

職能給

職能給とは労働者の職務遂行能力を学歴や勤続年数などの個人的属性を念頭に置きながら査定して給与を決める制度です。査定の要素は主に労働者の職能ですが実際にこれを査定することは非常に難しいため、学歴が高ければ職能が高いはず、勤務年数が長ければ職能は高くなっているはず、という前提に基づいて給与基準が定められることが多いのです。

また、個人の属性を重視しながら職能観を査定し、それとともに、作業職、事務職、管理職または、一般職、総合職などの職掌も考慮要素に含めて総合的に査定されます。この職掌そのものが学歴によって区別され入社時から決定されている場合も少なくありません。

したがって同一職掌内での労働者間の絆は強く、さらに勤続年数を重視するために労働者が企業に対して持つ帰属意識は高まります。日本ではこの職能給制度を採用する企業が圧倒的に多いため、労働者の企業に対する忠誠心が他の国の労働者よりも強く、そのことが、日本企業が海外において競争力をもつ一つの要素となっていることは否めません。

世界的にも特異な印象のある日本的な企業風土はこの給与制度=人事制度が生み出したといっても過言ではありません。また、職務給と違って配置転換が直接給与に反映しないために、人事に柔軟性が出るなどのメリットがあります。

しかし、この給与制度では、ともすれば年功序列式になってしまう傾向が強く出ます。このため、高齢化社会である現在の日本では職務遂行能力以上の高額な給与を受取る高齢の労働者が増え、企業の健全な人件費管理を脅かしているのが現状です。