年収アップ

スキルアップ

年収を上げるためにはいろいろな方法があります。会社に昇給交渉をしたり、転職をしたり皆様々な努力をします。ただ、現在の日本の経済情勢では転職は大きなリスクを伴います。

もし、いまの勤めている企業の経営が順調であればそこで昇進昇級することが最も効率の良い年収アップ方法とも考えられます。そのためには、会社に評価を上げてもらう必要があります。会社によっては社内試験制度が徹底していて試験に通らなくては課長にはなれない。

部長になるためにはこの試験に合格しなければならないなど社内の制度も様々です。もし、そういう会社で働いていて、その会社がよい企業であれば、真剣に社内試験に取り組まなければなりません。社内試験にはその会社が望む社員像が凝縮されています。 また、普通に考えて一般社会とかけ離れたスキルや知識を要求することも少ないのです。

時には特殊な試験もあります。有名ドーナッツチェーンでは、ドーナッツを作る技術試験があるそうです。回転ずしチェーンでは、衛生管理に関する抜き打ち試験があるそうです。それらの試験は、その会社を離れても同業では十分役に立つ知識と技能が身に付きます。また、会社によっては社外試験に合格することを昇給の条件に掲げることもあります。

たとえば流通業界であれば、商工会議所の販売士試験であったり、経理職であれば、同じく商工会議所の簿記検定であったりします。一般事務部門であればパソコン検定協会のパソコン検定の事もあるでしょう。これらの資格や検定は、もし、事情が出来て転職するようなときも履歴書に書いて有効な資格です。常に、自分の市場価値を上げるために必要なことは何かを意識しながら努力を続けることが大切です。