年収アップ

資格取得

資格を取得して、年収を上げるというのはよく言われることです。インターネットにはそういう言葉があふれています。ひとつは スキルアップとして資格を取得する考え方があります。流通業界の販売士、経理職の簿記、また、看護職であれば専任看護師や専門看護師の資格取得も年収アップにつながります。

港湾関係の会社で働いているのであれば、通関士の資格を取って年収をあげることも可能です。栄養士の人が管理栄養士の資格を取るのも非常に有意義です。

このように、現在の仕事の延長上にある資格や関連資格を取ることが一般的にはよくある事ですし、勉強するにしても、知っていることも多いので効率的だと思われます。資格によっては実務経験年数が受験資格になっているものもありますので、一朝一夕にはいきません。

しかし、中には一念発起してまったく別の道を模索する人もあります。教師だった人が大学から行き直して医師になったり、銀行員だった人が猛勉強をして、公認会計士になったりする場合もまれではありますが不可能ではありません。このような超難関資格ではなくても、たとえば、営業職だった人が行政書士の道を選んだり、病院勤務の事務職の人が鍼灸師になったり本当に人は様々です。

では、資格さえ取れば年収はアップするのでしょうか?ことはそう簡単ではありません。確かにその時の社会情勢でその資格さえ持っていれば就職に困らないというものはあります。しかし、普通は資格プラス実務経験がものを言います。今までとは全く違う業種で資格を取得するときはそれなりの覚悟が必要です、資格職の場合は年齢給というものが付きません。もし、給料のために資格を取るのであれば自分の今の給料より上がるのか下がるのか慎重に検討する必要があります。